*

おお負けをしないために

外為取引初心者の方が為替相場の重要なところを理解するにはまず最初に学習を積んでいく事が大切です。

 

とりわけ、先に危険を気付くようになるようになるには、間違いを繰り返す事も経験のひとつ。

 

ただし、負けたといっても命取りとなるほど決定的な損をする事は問題外です。

 

取り戻せるほどの過ちを数回重ねる事が結果的に自分自身の経験値を高めてくれるはずです。

 

これを考えると、まず初めはわずかな額でエントリーして、そこで何回かちょっとしたミスをすることをおすすめする。

 

例えとして、100万円しか投資できない方が、はじめに100万円を少しも残さないで投入して注文すると、ミスした時金輪際立ち上がれなくなってしまう可能性があります。

 

それよりは、一例として10万円ずつトレードを行ないトレードを繰り返したほうがじょじょに損を埋め合わせる術なども学習していくはずです。

 

少ない額で売買する事の長所は既出の通り、経験値を増やし、間違いを回避する手段を学習していく事にありますが、それと同時に、売り買いの回数を積み重ねて危険を少なくできるという価値もあります。

 

仮に、1回だけの注文で儲けられる可能性が二分の一だと考えます。

 

等しい確率で損する危険性もあるということになる。

 

勝率5割ということは。

 

五分五分の可能性で勝てることを意味しています。

 

しかし、全ての投資資金をつぎ込んで1度のみの取引をするということは勝ちか、負けのいずれかになります。

 

そのままでは単なる賭け事と同じです。

 

これは、全ての投資資金を投入して1回こっきりのトレードしないと、その分だけ損失が生じる可能性が高まってしまいます。

 

だから、投資するお金を1回にすべて投資するのではなく少しずつ分けて、回数を増やす事がリスク分散となる。

 

また何度かに分けたとしても、全てのトレードで稼ぐ必要はない。

 

はっきり言うと、勝利する事が出来ないのが本当のところです。

 

勝負で大事なのは、勝ち負けの回数ではなく、どれほど儲けるかである。

 

勝率が50%でも或いは5割以下でも儲かる時は儲かります。

 

それ以上負けてもマイナスが少なければ3割の勝利の儲けだけで上手に利益を上げられます。

 

そのために重要な事は、損失を少なく、利益を大きくを肝に銘じる事です。

 

損益が出たらすぐさま損切りして儲けられる時は可能な限り大きく利益を上げることが、FX投資初めての方がFX投資で勝利するための手段です。