*

注目

旦那がワキガの事でケアをしています

ワキガにまつわるエトセトラ。

突然ですが、私の旦那は時折、ワキガではないかと疑っております。

ずっとわきがというより、晴れ時々わきが、または晴れ後わきが、時として晴れのち曇り所によりわきが、という頻度です。

なので、病院に行きなよと勧めるまでもいかず、私は旦那がわきがな日には洗濯の後のTシャツにひとりファブリーズを吹きかけるといった地味な対策を施しています。

それでまあ我慢できる程度なのですが、夏場はちょっと頻度が上がります。


注目したいフラッシュモブプロポーズ

フラッシュモブプロポーズの動画を見て、

こんなに凄い事になっているのかと驚いてしまいました。

もっと、こじんまりとしているのかと思ったのですが、

そんな事はないみたいです。

 

こういうのであれば、自分たちでもやってみたいです。

もっと、注目しておいた方が良いのかもしれません。

 

あんまり、やり過ぎると自分たちには合わないかもしれませんが、

適度な規模の物が出来るのであれば、

実際にやってみたいと思ったりしますが、

果たしてどうなるでしょうか。

 

参照:kids.wanpug.com/illust/illust3940.png


おお負けをしないために

外為取引初心者の方が為替相場の重要なところを理解するにはまず最初に学習を積んでいく事が大切です。

 

とりわけ、先に危険を気付くようになるようになるには、間違いを繰り返す事も経験のひとつ。

 

ただし、負けたといっても命取りとなるほど決定的な損をする事は問題外です。

 

取り戻せるほどの過ちを数回重ねる事が結果的に自分自身の経験値を高めてくれるはずです。

 

これを考えると、まず初めはわずかな額でエントリーして、そこで何回かちょっとしたミスをすることをおすすめする。

 

例えとして、100万円しか投資できない方が、はじめに100万円を少しも残さないで投入して注文すると、ミスした時金輪際立ち上がれなくなってしまう可能性があります。

 

それよりは、一例として10万円ずつトレードを行ないトレードを繰り返したほうがじょじょに損を埋め合わせる術なども学習していくはずです。

 

少ない額で売買する事の長所は既出の通り、経験値を増やし、間違いを回避する手段を学習していく事にありますが、それと同時に、売り買いの回数を積み重ねて危険を少なくできるという価値もあります。

 

仮に、1回だけの注文で儲けられる可能性が二分の一だと考えます。

 

等しい確率で損する危険性もあるということになる。

 

勝率5割ということは。

 

五分五分の可能性で勝てることを意味しています。

 

しかし、全ての投資資金をつぎ込んで1度のみの取引をするということは勝ちか、負けのいずれかになります。

 

そのままでは単なる賭け事と同じです。

 

これは、全ての投資資金を投入して1回こっきりのトレードしないと、その分だけ損失が生じる可能性が高まってしまいます。

 

だから、投資するお金を1回にすべて投資するのではなく少しずつ分けて、回数を増やす事がリスク分散となる。

 

また何度かに分けたとしても、全てのトレードで稼ぐ必要はない。

 

はっきり言うと、勝利する事が出来ないのが本当のところです。

 

勝負で大事なのは、勝ち負けの回数ではなく、どれほど儲けるかである。

 

勝率が50%でも或いは5割以下でも儲かる時は儲かります。

 

それ以上負けてもマイナスが少なければ3割の勝利の儲けだけで上手に利益を上げられます。

 

そのために重要な事は、損失を少なく、利益を大きくを肝に銘じる事です。

 

損益が出たらすぐさま損切りして儲けられる時は可能な限り大きく利益を上げることが、FX投資初めての方がFX投資で勝利するための手段です。

 


4つの方法

自己破産を検討する人で借り入れに対し保証人となる人物を立てているときには、事前にきちんと相談しておいたほうがよいでしょう。

 

さらに、改めてお話ししますが、保証人が存在するときは破産の前段階で少し検討しなければなりません。

 

みなさんが破産宣告をして免除がおりると、その人たちがその義務を支払う義務があるからです。

 

なので、自己破産前にあなたの保証人に至った内容や現状を説明し、謝罪をしなければなりません。

 

そういったことは保証人となる人の立場から見ると不可欠なことです。

 

友人等のあなたが破産するのが原因で有無を言わせず負債が発生することになるのです。

 

そうなるとすれば、以降の保証人の行動の手順は以下の4つです。

 

一つの方法は保証人が「いっさいを返す」という手段です。

 

保証人自身が高額な金額を苦労することなく支払うことができるぐらいの資産を持ち合わせていれば、そうすることが可能でしょう。

 

でもその場合、あえて破産せずに保証人となる人に借金して、あなた自身は保証人自身に定期的に返していくという選択肢もあるのではないかと思います。

 

その保証人が債務者と良いパートナーであるのならば少しは期日を猶予してもらうことも問題ないかもしれません。

 

いっぽうでいっしょに返金不可能でも話し合いにより分割による支払いに応じるかもしれません。

 

あなたの保証人にも破産申告を実行されてしまうとカネが全然手に入らないことが考えられるからです。

 

また保証人がその返済額をすべて支払う財産がなければ借金しているあなたと同じくどれかの債務整理をすることを選択しなけばなりません。

 

続く方法は「任意整理」による処理です。

 

貸金業者と示談することによって、5年以内くらいの時間で返済する形を取ります。

 

実際に弁護士に依頼する際のかかる経費は債権者1社につき4万。

 

全部で7社からローンがあった場合だいたい28万円かかることになります。

 

貸方との交渉を自分でやることもできないことはないかもしれませんが経験や知識がない素人の場合債権者が自分に有利な条件を勧めてくるので、慎重である必要があります。

 

それに、任意整理してもらうとしても保証人に債務を負ってもらうわけですから、あなたはたとえちょっとずつでも保証してくれた人に返済していくべきでしょう。

 

続いて3つめはあなたの保証人も破産した人と同様「破産手続きをする」場合です。

 

保証人である人も返せなくなった人と同じように破産を申し立てればあなたの保証人の義務も消滅します。

 

ただし、保証人が株式などを持っている場合はそれらの個人財産を失ってしまいますし資格制限のある職についている場合は影響が出ることは必須です。

 

そのような場合、個人再生による手続きを検討するといいでしょう。

では4つめの手段は「個人再生という制度を使う」ようにします。

 

不動産を手元に残しつつ負債整理を希望する場合や破産申告では資格制限がある職についている場合に選択できるのが個人再生制度です。

 

この方法の場合、自分の家は残りますし破産手続きの場合のような職種制限資格制限がかかりません。